VBScript変数–VBScriptチュートリアル1の優れた紹介ガイド

vbscriptチュートリアル-vbscript変数

VBScriptチュートリアル–目次

VBScriptチュートリアル#1: VBScript変数の概要 

VBScriptチュートリアル#2: VBScriptの条件文とループ

VBScriptチュートリアル#3: VBScriptプロシージャ

VBScriptチュートリアル#4: VBScriptエラー処理とVBScriptの実行

VBScriptチュートリアル#5: VBScript文字列関数

VBScriptチュートリアル#6: VBScriptの日付関数

VBScriptチュートリアル#7: VBScript時間関数

VBScriptチュートリアル#8: VBScript配列関数

このVBScriptチュートリアルでは、VBScript変数、VBScript配列、VBScript定数、およびVBScriptの辞書オブジェクトについて学習します。

VBScriptチュートリアル#1: VBScript変数

VBスクリプトはビジュアルの短縮形です BVisualBasic言語に準拠したasicスクリプティング。 VBScriptingはMicrosoftによって導入されました。 サーバー側とクライアント側のスクリプトを開発できるようにするのは、学ぶのが非常に簡単な言語です。

VBScriptの機能:

・これは単純なスクリプト言語です。

・大文字と小文字を区別せず、初心者レベルのプログラマーにとっては簡単に習得できます。

・これはオブジェクトベースのプログラミング言語であり、OOPSの概念には準拠していません。

・コンポーネントオブジェクトモデルの短縮形であるCOMをサポートします (COM) 構造。 それはそれが実行されている環境から要素を管理することを可能にします。

・サーバー側で実行されるVBScriptingは、Internet Explorer Webブラウザー、インターネットインフォメーションサービスなどのホスティングプラットフォームと互換性があります。 (IIS) WebサーバーおよびWindowsScriptingHostとして (WSH)。

・サーバー側(クラシックASP)とクライアント側の両方のスクリプトの開発に使用できます。

・Excelマクロなどのツール UFT(統合機能テスト) VBスクリプティングに従ってください。

クライアントサイドスクリプトとしてのVBScript:

vbscriptチュートリアル-Webブラウザ
vbscriptチュートリアル–Webブラウザ

VBScript変数–VBScriptチュートリアル1の優れた紹介ガイドウィンドウスクリプトとしてのVBScript:

vbscriptチュートリアル-ウィンドウスクリプト
vbscriptチュートリアル–ウィンドウスクリプト

VBScript変数–VBScriptチュートリアル1の優れた紹介ガイドVBScriptのデメリット:

・VBスクリプトは、InternetExplorerでのみサポートされています。 Mozila Firefox、google Chromeなどの市場でよく知られているWebブラウザーは、VBScriptと互換性がありません。

・プラットフォームに依存します。つまり、Windows環境でのみサポートされます。

・適切な開発領域が利用できないため、VBScriptのデバッグは困難です。

 VBScriptコメント:

VBScriptコメントの目的は、実行から特定のXNUMX行または複数行のコードをスキップするようにコンパイラーを教育することです。 基本的に、VBScriptコメントは、スクリプト作成中に説明/目的を文書化または書き込むために使用されます。 説明を書き込んだり、コメントを使用してログを変更したりすることで、コードブロックの可読性を高めるのに役立ちます。 XNUMX種類のVBScriptコメントが利用可能です–

XNUMX行のVBScriptコメント: これは、各行の先頭に一重引用符( ')を使用して行われます。 VBScriptのXNUMX行コメントの例–

'単一行コメントの例

複数行のVBScriptコメント: 複数行VBScriptコメントは、複数行にコメントするために使用されます。 このタイプのVBScriptコメントは、「/ *」記号と「* /」記号の間に行を追加することで実現できます。 複数行の例VBScriptコメント–

/*

VBステートメント1

VBステートメント2

….. 等々

*/

VBScript変数:

VBScript変数は、データを格納するためにメモリ位置を参照する一種のプレースホルダーです。 実行中に、VBScriptは変数を変更することを許可します。 VBScript変数の宣言された名前は、読み取りまたは書き込みの目的で変数にアクセスするために使用されます。 変数には、文字列、文字、数値、日付などの任意のデータ型と対話する機能があります。データ型に従って、vbscript変数はそれに応じて変更されます。 たとえば、二重引用符で囲んだ数値を割り当てると、文字列値として扱われます。

以下で説明するXNUMXつの方法でVBScript変数を宣言できます–

  • VBScript ディム
  • VBScriptパブリック
  • VBScriptプライベート

VBScript Dim:

Dimは、即時宣言の略です。 つまり、VBScript dimを使用すると、あらゆる種類のデータ型の変数をすぐに宣言できます。 XNUMXつのVBScriptdimステートメントを使用して、コンマで区切られた複数の変数を宣言できます。 スコープはVBScriptdimステートメントを使用して宣言され、関数、サブプロシージャ、ローカルスクリプトなど、宣言されたコードブロックで制限されます。 以下の例は、変数宣言用のVBScript dimステートメントの構文を示しています–、

薄暗いvar1

薄暗いvar1、var2、var3

キーワードdimを使用すると、変数の論理名を指定して変数をすぐに宣言できます。 スクリプトの開始時にステートメント「OptionExplicit」を指定する場合は、各変数を宣言する必要があります。 したがって、ステートメントが指定されていない場合、変数宣言はオプションのステップです。 この場合、変数は変数の定義中に自動的に宣言されます。

VBScriptパブリック:

変数がキーワードpublicで宣言されている場合、変数はスクリプト全体からアクセスできます。 基本的に、publicキーワードは、変数をグローバル変数として定義するために使用されます。

VBScriptプライベート:

変数がキーワードprivateで宣言されている場合、変数のスコープはコードブロック内でwithに制限されます。

VBScript変数への値の割り当て:

以下の例では、(VBScript dim satementを使用して)等号(=)記号を使用して、数値や文字列などの値を変数に割り当てることを宣言します。

'''''declare variables using VBScript dim statement
dim numVar
dim strVar

'''''define the variables - number and string
numbVar = 12345667788
strVar = "This is sample variable"

変数に値を割り当てるときは、変数名を等号の左側に保持し、値を右側に保持する必要があります。 文字列または文字の場合、値を二重引用符で囲む必要があります。

スカラー変数– 単一の値で変数を定義することは、スカラー変数として知られています。

配列変数 – 概念的には、配列は値のリストを表します。 VBScriptでは、変数に複数の同じタイプの値が割り当てられている場合、それは配列と呼ばれます。 配列は、変数名の後に括弧を付けて宣言できます。 変数を宣言するのと同じ方法で宣言できます。 配列を宣言するための構造を以下に示します–

Dim myArrayName(max index)

ここで、インデックスは、ゼロから始まる配列の各要素を参照するために使用されます。 したがって、最大インデックスは、配列の長さから3を引いたものを示します。 配列インデックスを使用して、各配列要素に値を割り当てることができます。 以下の例では、XNUMXつの学生名を保持する配列を定義します–

' Declare an array with VBScript dim statement
Dim arrStudentName(2) 

' Assigning the student names using the index
arrStudentName(0) = "Tom"
arrStudentName(1) = "Jack"
arrStudentName(2) = "Jerry"

VBScript変数– 命名規則:

構文的には、特定の命名規則はありません。 ただし、スクリプトを読みやすくするために、以下のガイドラインに従うことをお勧めします。

・変数の開始文字はアルファベットにする必要があります。

・埋め込まれた期間は保持しないでください。

変数の名前は、使用法に従って論理的である必要があります。

長さは255文字の制限を超えてはなりません。

VBScript定数:

VBScript定数変数の値は、定義後に変更することはできません。 したがって、定数変数は基本的に読み取り専用変数です。 宣言時に定義する必要があります。 VBScriptは、スクリプト中に使用できるデフォルトの定数変数を提供します。 デフォルトの定数の例は、vbOK、vbCancel、vbTrue、vbFalseなどです。Constkeyordは、VBScriptingで定数を宣言するために使用されます。 以下の例では、数値と文字列の定数変数を定義する方法を示します–

Const strConstant = "これは私の文字列です。"

Const numConstant = 123

VBScriptアレイ:

概念的には、配列は値のリストを表します。 VBScriptでは、変数に文字列、整数などの同じタイプの値が複数割り当てられている場合、配列と呼ばれます。 VBScriptを使用すると、同じタイプの値のリストを同じメモリ位置(VBScript配列)に保持できます。 各配列要素には、配列インデックスと呼ばれる参照番号を使用してアクセスできます。 インデックスは常にゼロから始まります。

構造的には、VBScript配列にはXNUMXつのセクションがあります。配列名の論理名と、最大のインデックス値を示す配列添え字です。 配列の添え字は、配列の長さからXNUMXを引いたものに等しくなります。

VBScript配列を最初に宣言する必要があります。そうしないと、エラーがスローされます。 変数宣言と同様に、dimステートメントを使用してVBScript配列を宣言できます。 使用法または範囲を考慮することにより、VBScriptのXNUMXつのタイプのアレイ–

·     ローカルVBScript配列 –このタイプの配列のスコープは、宣言されたコードブロック(関数またはサブプロシージャ)に制限されます。

·     グローバルVBScript配列 –スクリプト全体でこのタイプの配列を使用できます。 このタイプの配列は、スクリプトの最初に宣言する必要があります。

静的および動的配列:

また、スクリプトの作成中に、VBScript配列を静的または動的として宣言できます。

静的VBScript配列 –スクリプトの実行中に変更できない固定数の配列要素があります。

動的VBScript配列 –配列要素の数はいつでも変更できます。 要素の数が固定または事前定義されていない場合は、この配列を使用できます。

VBScript配列の操作:

配列宣言の構文– 薄暗いmyArray(添え字値)

以下の例では、3人の学生のマークのVBScript配列を作成し、計算された平均マークを変数に格納します–

'Declaration of array and value assignment for three students
dim arrMarks(2)
arrMarks(0) = 10
arrMarks(1) = 15
arrMarks(2) = 20

'Calculate the average and store it in a variable
Dim avgMarks
avgMarks = (arrMarks(0)+arrMarks(1)+arrMarks(2))/3

VBScriptの辞書オブジェクト:

VBScriptsのディクショナリオブジェクトは、VBScript配列と類似しています。 つまり、値のリストを保存することもできます。 ただし、VBScriptの辞書オブジェクトの主な違いは、さまざまな種類のデータを保持できることと、インデックスではなくデータごとにキーを割り当てる必要があることです。

VBScriptの辞書オブジェクトは、「Scripting.Dictionary」クラスを参照して使用を宣言できます。 

VBScriptの辞書オブジェクトの利点:

・さまざまなタイプのデータをXNUMXつの変数に格納できます。

・キーを使用すると、対応する要素に簡単にアクセスできます。

・vbscriptでディクショナリオブジェクトを操作するために使用できる定義済みのメソッドがあるため、この概念は非常に柔軟です。

例– vbscriptの辞書オブジェクト: 

以下の例では、ディクショナリオブジェクトに対するさまざまな操作のコードが表示されます–

' **** Create a Dictionary Object in VBScript ****
'Create a variable.
Dim dict
Set dict = CreateObject("Scripting.Dictionary")

'Adding keys and items.
dict.Add "Name", "VBScript"
dict.Add "Id", "1"
dict.Add "Trainer", "K Mondal"

'**** Checking the availability of a Key from the dictionary object in VBScript ****
If dict.Exists("Name") Then
   msg = "The name key exists"
Else
   msg = "The name key does not exists"
End If

'Read an item
dim sName 
sName = dict.Item("Name")

'get the count of element
dim nCount
nCount = dict.count

'Delete single item
dict.Remove("Name")

'Delete All item
dict.RemoveAll

結論:

このVBScriptの記事では、の概要について学習しました。 VBSクリプト Vありふれたs、VBスクリプト Aレイ、VBSクリプト CインスタントおよびVBScriptの辞書オブジェクト。 VBScriptの詳細については、をクリックしてください。 こちら.

Kモンダルについて

VBScript変数–VBScriptチュートリアル1の優れた紹介ガイドこんにちは、私はK. Mondalです。私は、主要な組織に所属しています。 私は、アプリケーション開発、自動化テスト、ITコンサルタントなどのドメイン全体で12年以上の実務経験があります。 私はさまざまなテクノロジーを学ぶことに非常に興味があります。 私は私の願望を実現するためにここにいて、現在LambdaGeeksで著者とウェブサイト開発者の両方として貢献しています。
LinkedIn に接続する - https://www.linkedin.com/in/kumaresh-mondal/

コメント

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *

en English
X