ヒート ポンプ vs. HVAC: さまざまな要因の比較

電気 HVAC、空調コイル、コンプレッサー、ボイラー、ポンプ、アウトレット、バルブ、プレナムなどはすべて HVAC 機器に含まれます。 HVAC とヒートポンプの長所と短所を評価してみましょう。

特性ヒートポンプHVAC
1。 定義ヒートポンプは、冷たい環境から熱を受け取り、それを暖かい環境に放出して、熱エネルギーを熱の反対方向に輸送します。「HVAC システム」という用語は、商業施設と住宅施設の両方で、暖房、冷房、および空気の輸送に使用されるさまざまなデバイスを含みます。
2.寿命ヒート ポンプの寿命は、ヒート ポンプの種類、ユーザーの場所、ヒート ポンプのメンテナンス状態など、さまざまな要因に影響されます。 通常、ヒートポンプは平均して XNUMX 年もちますが、中には XNUMX 年で機能しなくなるものもあります。適切な維持管理とケアを行えば、優れた HVAC システムは XNUMX 年間使用できますが、すべてのユニットは異なり、すべての住宅所有者は、セントラル エアコンが完全に壊れたときの明確な感覚を持っています。
3. 運転時の騒音もっと。もっと少なく。
4。 使用ヒートポンプの主な機能は、厳しい寒さの中で部屋が凍らないようにすることです。 一方、ヒートポンプは冷房と暖房の両方に使用できます。HVAC は主に冷房に使用され、気温が高いときに快適に保つために使用されます。
5.動作モード逆冷凍サイクル。通常の蒸気圧縮サイクル.
6. 成績係数ヒート ポンプの性能係数は常に XNUMX より大きくなります。周囲温度や環境によっては、コンプレッサーユニットがXNUMX台以下になる場合があります。
7. 一般的な使用ヒート ポンプは、米国中南部などの温暖な気候で XNUMX 年間使用しても問題ありません。 暑い夏には冷房、春や秋には暖房用に改造されている可能性があります。南フロリダやカリフォルニアなど、年間を通して穏やかな熱が発生する地域では、ヒート ポンプよりもエネルギー効率の高い HVAC システムにお金を投資することをお勧めします。
8.エネルギー消費ヒートポンプは、使用するエネルギーが少ないにもかかわらず、エネルギー効率が特に優れているわけではありません。エネルギー効率が高いため、HVAC はエネルギー消費の改善につながります。
9. 蒸発器の位置加熱する必要がある部屋の外に配置されたヒートポンプ蒸発器では、より冷たい雰囲気から熱を収集するために利用されます。HVAC の冷却効果は、エバポレーターとも呼ばれる冷却コイルによって生成されます。 このコンポーネントのその他の役割は、冷却コンパートメント内にある HVAC によって実行されます。
HVAC とヒートポンプの違い
画像 – HVAC システム。
画像クレジット–「HVAC ランアラウンド コイル"によって パハザード 下でライセンスされています CC-BY-SA-3.0

気温が上昇するにつれて、HVAC 装置からの水漏れに対処するための暖房および空気の専門家の要求が高まっているためです。 この投稿では、従来の HVAC とヒート ポンプ、および電気 HVAC とヒート ポンプを比較します。

プロパンHVAC対ヒートポンプ

プロパンは非常に効果的な冷媒です。 基礎と同様に、プロパンには優れた熱力学的特性があります。 ヒートポンプとプロパン HVAC システムの対比を調べてみましょう。

特性プロパンHVACヒートポンプ
1。 関数プロパン 電気 HVAC は、典型的な完全燃焼を使用して、電気 HVAC 構造内で熱エネルギーを生成します。 ヒートポンプを除いて、プロパン電気 HVAC は暖房のみに使用できます。 冷却は、専用のプロパン空調システムによって行われる必要があります。ヒートポンプは、周囲の空気から得られる熱エネルギーを使用して住居を暖房します。 ヒート ポンプは、銅製のコイルまたはパイプと冷却システムを使用して、周囲から内部に熱をもたらします。 建物全体に熱を広めるために、内部の暖かい空気が銅パイプで上昇します。 その後、冷媒は外部に戻され、より多くの熱を取り込みます。 夏の間、快適で涼しい室内温度を維持するために、冷媒サイクルを切り替えてアパートから熱を放出し、別の場所に排出することができます。 
2 燃料プロパン HVAC のエネルギー源は液体プロパンで、大きなタンクに保管されています。 プロパンで家を暖めたい人は、毎年秋にプロパン配達業者にこれらのタンクを補充してもらう必要があります。空気熱源ヒート ポンプは、電気を動力源としていますが、一般的な電気抵抗ヒーターとは異なる機能を果たします。 彼らは電気を使ってファンや送風機を動かすだけです。 電気エネルギーを熱に変換しません。これは非常に無駄なプロセスです。 先ほど言ったように、冷媒は基本的に、現在存在する夏の間は施設内に、冬の間は屋外に存在する熱を奪います。 このシステムの熱を排除するために、ファンと送風機だけが電力を供給されます。
3。 パフォーマンスプロパン HVAC 電気 HVAC は、外部の気候に関係なく、華氏 150 度までの暖かく快適な熱を提供します。 これは、フラット全体が暖かい空気で満たされていることを示唆しています。 さらに、多くの XNUMX 段階または可変速の高効率プロパン電気 HVAC は、家庭を徐々に快適に暖めます。気温が華氏 26 度または 30 度を下回ると、ヒート ポンプの生産性が低下します。 ヒート ポンプは、華氏 98 度でユーザーの通常の体温以下の熱を供給します。
4。 安全性プロパン HVAC システムは、プロパンを使用するため、定義によりリスクが高くなります。 家の中に一酸化炭素が蓄積すると、プロパンガスの排出が不十分になり、火災の危険性がさらに高まります。 そうは言っても、製造業者は、建物の演習に関しては厳格な安全要件を順守しています。 定期的なメンテナンスは、壊滅的で致命的な故障を回避するのにも役立ちます。ヒートポンプにも安全上の問題があります。 ヒートポンプによって電気がショートする可能性があり、これも炎を消す。 さらに、それらは冷媒を家に浸透させる傾向があり、吸入すると健康に悪影響を及ぼす可能性があります.
5。 効率  もっと。 ホワイトタイムの上に配置されたプロパン HVAC は、ユーザーが時間とお金の両方を節約するのに役立ちます。もっと少なく。  
6.寿命プロパンを動力源とする HVAC の寿命は、通常の状態で 20 年です。ヒートポンプの寿命は 14 年です。
7 用途a. アイロンがけ
b. 家庭用ストーブ 
c. ガス 暖炉
d. 温水ヒーター
を。 自動車もマンションも 冷暖房用ヒートポンプ.
b. ヒートポンプとして機能する給湯器。 ヒート ポンプは、主に建物や公共プールで使用する水を加熱または予熱するために使用されます。
ヒートポンプとプロパン空調システムの違い

たとえば、最も使用されているハイドロフルオロカーボン (HFC) 冷媒と比較して、プロパンの気化潜熱は約 XNUMX 倍です。 まったく同じ冷媒質量流量の場合、これは加熱または冷却の影響が大きくなることに対応します。

地熱ヒートポンプ vs. HVAC

ヒートポンプは、摂氏 55 ~ 75 度の最大範囲を維持できます。 HVAC と地熱ヒート ポンプを比較してみましょう。

特性地熱ヒートポンプHVAC
1。 定義地中熱ヒート ポンプは、天候を通じて土壌の温度が比較的一定であることを利用して、特定のタイプのヒート ポンプを使用して地下に熱を供給したり、地下から熱を供給したりする建物の暖房または冷房システムです。建物の居住者に快適な環境を提供するために、暖房、換気、および空調のシステムが作成されます。 機器、配管、およびダクトは、建物の暖房と換気、および内部の空気の調整に使用される HVAC システムを構成します。
2.寿命24 年間、地熱ヒートポンプは信頼性があります。HVAC システムの寿命は 10 年から 12 年です。
3。 使用を。 暖房と冷房
b. 給湯
適切な換気とろ過により、室内の空気の質を許容範囲内に保ちながら、熱的快適性を確保します。
4。 効率使用される電力単位ごとに、地熱ヒート ポンプは最大 XNUMX 単位の熱をユーザーに提供できます。高効率の HVAC システムによって、毎日 0.96 単位未満の熱が消費者に提供されます。
5. 運転中の騒音もっと。もっと少なく。
6。 安全性ループを地下に設置することで、地熱システムをユーザーの住居内に安全に設置できます。天候や破損の影響を受けやすいアウトドア用品はありません。
7. 利用者宅の冷房地中熱ヒート ポンプは、その地下ループ システムを使用して、ユーザーの住居からより冷たい地球に熱を移動します。 外気温の影響を受けません。HVAC システムは、屋外が暑いときに家から外気に熱を伝達します。 システムは、システムがユーザーの家からすでに熱くなっている外気に熱を放出することが難しくなるため、最も必要なときに効果が低下します。
地熱ヒートポンプとHVACの対比

従来のヒート ポンプは、使用する電気エネルギーの量と比較して、存在するエネルギーの XNUMX ~ XNUMX 倍の熱を移動することによって、この目標を達成することができます。

電気 HVAC とヒートポンプ

ヒート ポンプと電気 HVAC は同じデバイスではありません。 ヒートポンプと電気 HVAC の違いを見てみましょう。

特性ヒートポンプ電気空調
1。 定義ヒートポンプは、冷凍サイクルを利用して外部から効率的に熱エネルギーを移動させる装置です。 建物を加熱する場合があります。ダクトを使用して、電気 HVAC システムは空気を暖め、構造全体に分配することができます。
2.寿命メンテナンスを行えば、ヒートポンプは少なくとも 15 年間稼働できます。電気 HVAC は、適切なメンテナンスを行うことで、最大 20 年間その性能を維持できます。
3. 寒冷地での性能向上寒い気候ではうまく機能しませんが、穏やかな気候のヒートポンプでは間違いなくより良いオプションです.寒い季節や冬の季節でも、電気空調は問題なく機能します。
4. 運転時の騒音もっと。もっと少なく。
5. 設置スペースが必要です。余分なスペースは必要ありません。通常、電気 HVAC は屋内に配置されるため、多くの面積を占める可能性があります。これは、職人や地方の建築基準法が防火目的ですべての部品に 3 インチの除染を要求することが多いためです。
6.メンテナンス費用もっと少なく。もっと。
7. 設置費用安い。高価です。
8.オペレーションヒートポンプの運転は、密閉空間の冷房と暖房を兼ねています。電気 HVAC はこのプロセスで設計されているため、熱のみを生成できます。
9。 エネルギー効率もっと。もっと少なく。
ヒートポンプと電気HVACの違い

ミニスプリットヒートポンプとHVAC

本質的に、スプリットシステムヒートポンプはエアコンです。 HVAC とミニ スプリット ヒート ポンプを比較してみましょう。

特性ミニスプリットヒートポンプHVAC
1。 効率ユーザーの家の特定の部分は、適切なサイズのユニットによって効率的に冷暖房されます。エアダクトは、特に断熱が不十分なクロールスペースで、空気を流すときに電力を放出します。
2。 ゾーン範囲ごとに温度を変更する機能は、各ユニットのリモート コントロールを使用するとより柔軟になります。ユーザーが多数のユニットを持っていると仮定すると、家の温度は単一のサーモスタットによって管理されます。
3。 インストール取り付けも比較的簡単で、単品でも安価です。ダクトの設置が乱雑で、建設費が増加する可能性があります。
4.寿命もっと。もっと少なく。
5。 美学中央システムの統合された外観はありません。ベントは、より統合された目立たない外観を提供します。
HVAC とミニスプリットヒートポンプの比較

典型的な中央空調システムとは対照的に、MINI スプリット ヒート ポンプは、特定の部屋またはエリアの温度を調整できる分割冷却および加熱プロセスです。

まとめ

この記事では、ヒート ポンプのコイルを通る冷媒の圧力と流れを切り替えることによって、暑い季節にエアコンがヒート ポンプと同じように機能することを示しました。 このように構築された電気空調は熱を発生させることしかできませんが、ヒートポンプは季節に応じて家の温度を調整し、冬は暖かく、夏は涼しくすることができます。

上へスクロール