ヒートポンプコンデンサーに関する11の事実:何、サイズ、タイプ、交換

ヒートポンプは、夏のエアコンにすぎません。 ヒートポンプコンデンサーのサイズや種類、交換方法をチェックしてみましょう。

凝縮器の仕事は、から来る高圧ガスを取ることです コンプレッサー そして液体にします。 熱伝達、または熱が常に暖かい媒体から冷たい媒体に移動するという仮定は、ヒート ポンプのコンデンサーがこれを達成する方法です。

の外側のユニット ヒートポンプ コンプレッサーとコンデンサーコイルがあります。 この投稿では、ヒート ポンプ コンデンサーとは何か、その仕組み、設置場所、サイズ、種類、コスト、機能など、さまざまなトピックについて詳しく説明します。

ヒートポンプコンデンサーとは?

コンデンサーは、蒸発、空冷、および水冷コンデンサーを含む XNUMX つの主要で異なるカテゴリに分類されます。 ヒートポンプ凝縮器の定義を調べてみましょう。

ヒートポンプ装置の凝縮器は重要なコンポーネントです。 コンデンサーと呼ばれるヒートポンプやエアコンの室外機は、季節によって熱を放出したり蓄熱したりします。 ヒートポンプコンデンサーとスプリットエアコンの両方の構造に同じ基本部品が使用されています。

画像 - 三菱ヒートポンプ内部側面図 アーノルドラインホールド (CC-BY-SA-4.0)から ウィキメディア·コモンズ

凝縮器からの圧縮熱は、住居内のラジエーターを循環する水加熱回路に入ります。 ヒートポンプコンデンサーは、熱伝達が発生する場所です。 ヒートポンプサイクル 水系へ。

ヒートポンプコンデンサーの作動

凝縮器はヒートポンプを維持し、 空調装置 XNUMX つの重要なタスクを実行することにより、ピーク レベルで動作します。 ヒートポンプ凝縮器の動作を見てみましょう。

  • An 蒸発器 最初にコイルに空気を吹き付けて運転を開始します。
  • 冷媒は、以前は空気から供給されていた熱エネルギーを受け取ります。
  • 世界 熱エネルギー 次に、冷媒でコンデンサーコイルに移動し、ファンによってコイルに空気が吹き付けられると放出されます。
  • この技術により、熱はある領域から別の領域に伝達されます。

冷媒が再構成されて液体平衡になると、凝縮器は凝縮、過冷却冷媒、過熱冷媒ガスを排除します。  

ヒートポンプ凝縮器の場所

デッキ下にはヒートポンプを搭載できません。 ヒートポンプコンデンサーがどこにあるか見てみましょう。

ヒートポンプコンデンサーは、直射日光を避け、日陰の場所に設置する必要があります。 呼吸しやすい場所に設置する必要があります。 これは、ユニットから XNUMX ~ XNUMX フィート以内に実質的な障壁があってはならないことを示しています。

家に多数の凝縮器ユニットがある場合は、互いに気流を妨げないように間隔をあけて配置する必要があります。 上部から空気がヒート ポンプに入るような設置は、ヒート ポンプの容量と効率を低下させます。

ヒート ポンプのコンデンサーのサイズ

コンデンシングユニットには、オーバーヘッドスペースとサイドルームの両方が必要です。 ヒートポンプコンデンサーのサイズを確認してみましょう。

家のサイズヒートポンプのサイズヒートポンプのサイズ
1. 500 平方フィート1トン12000 BTU
2. 1000 平方フィート2万トン24000 BTU
3. 1500 平方フィート3万トン36000 BTU
4. 2000 平方フィート4万トン48000 BTU
5. 2500 平方フィート5万トン60000 BTU
6. 3000 平方フィート6万トン72000 BTU
7. 3500 平方フィート7万トン84000 BTU
8. 4000 平方フィート8万トン96000 BTU
9. 4500 平方フィート9万トン108000 BTU
10. 5000 平方フィート10万トン120000 BTU
ヒートポンプコンデンサーの種類とそれぞれのサイズ

請負業者は、ダクトレス マイクロ スプリット システムを設置する日に、屋上に 20 以上のヘッドルームがあることを確認するように凝縮器を配置する必要があります。 コンデンシング ユニットの壁と地面の間には、少なくとも XNUMX インチは必要です。

ヒートポンプコンデンサーの種類とコスト

最も効果的なヒートポンプ凝縮器は、水冷式のものです。 多くのヒート ポンプ コンデンサーの種類、価格、用途について調べてみましょう。

ヒートポンプコンデンサーの種類それぞれの価格電圧材料電源講座申込周波数
1. オースティンの商用プールのヒート ポンプ1.50 lakhs220 Vプラスチック電気エアコン単発講座50ヘルツ
2. ACL PH 18 ヒート ポンプ4.14 lakhs240 Vプラスチック電気工業品単発講座50Hz~60Hz
3. プラスチック エマーソン ヒート ポンプ3.50 lakhs220 Vプラスチック太陽光エネルギー工業品単発講座50ヘルツ
4.オースティンヒートポンプ1 lakh230V~380Vヒーター素材 – チタン電気プールヒーター単発講座50ヘルツ
5. プラスチック オースティン商業プール1.50 lakhs220 Vプラスチック電気商用ダイビング機材単発講座50Hz
6. オースティンのステンレス鋼のプール2.50 lakhs230 V – 380 Vステンレス鋼電気スイミングプール単発講座50ヘルツ
7.業務用ヒートポンプ給湯器2.56 lakhs220V~240Vプラスチック電気商用ダイビング機材単発講座50ヘルツ
ヒートポンプコンデンサーの種類と特徴、それぞれの費用と用途

A 熱交換器 水冷コンデンサーとして知られている冷却器は、冷媒蒸気からこのコンデンサーを通って移動している水に熱を伝達します。 これは、冷媒蒸気を外側のチューブで凝縮させることによって達成されます。

ヒートポンプコンデンサー交換

多くのヒート ポンプは、密閉された領域から熱気を排出した後、熱気を排除することによって建物を冷却することもできます。 ヒートポンプコンデンサーの交換を振り返ってみましょう。

  • 不明なノイズ
  • エネルギー価格の上昇を維持
  • 機密情報の保護
  • コンデンサーには継続的なメンテナンスが必要です
  • 約XNUMX歳

不明なノイズ

実際にコントローラが、ヒート ポンプの凝縮器が機能するときに生成する典型的なノイズと不快なノイズを区別できる場合、クライアントが奇妙なノイズを検出するたびにシステムを検査する必要があります。 何かを変更する必要があることを示している可能性があります。

エネルギー価格の上昇を維持

電気料金の値上げに直面してオペレータが何もしなければ、ヒートポンプはエネルギーを有効に使用していません。 オペレーターの暖房システムが同じレベルの暖かさと冷房を提供するために一生懸命働いている場合、交換用コンデンサーはこれらのエネルギー費用を削減するのに役立ちます。

機密情報の保護

ヒートポンプ機器に一酸化炭素の漏れがある場合、所有者とその家族は重大な健康問題を経験する重大なリスクにさらされる可能性があります。 加熱ユニットが漏れた場合は、その場所に凝縮器を取り付ける必要があります。

コンデンサーには継続的なメンテナンスが必要です

ヒート ポンプのコンデンサーは、通常の経年劣化や歪みにより、定期的なメンテナンスが必要です。 ただし、コンデンサーが適切に固定されていれば、ヒートポンプシステムは迅速に機能します。

約XNUMX歳

ヒートポンプの寿命は平均で XNUMX 年から XNUMX 年です。 システム内の凝縮器は、XNUMX 桁のシフトがあった場合、ユーザーの家の冷房と暖房の効果が低下します。 より効率の高い最新モデルを使用することで、ユーザーは毎月の電気料金を削減できる可能性があります。

冷房に関してはいつでも、ヒートポンプはエアコンよりも効率的です。 エアコンは、ヒートポンプの XNUMX 倍の電力を使用します。 加熱モードにあるポンプの電気キックは、エネルギー消費を増加させる可能性があります。

ヒートポンプコンデンサーの交換時期と頻度は?

  • ヒートポンプシステムが異音を発し始めたら、凝縮器を交換する必要があります。
  • 炉、ボイラー、ヒートポンプ、エアコン、またはヒートポンプが頻繁に作動する場合は、凝縮器を交換する必要があります。
  • ヒートポンプのユーザーが自宅で不安な場合、コンデンサーを交換する必要があります。
  • ヒートポンプシステムに重大な故障が発生した場合、凝縮器を修理する必要があります。
  • ヒートポンプコンデンサーは使用年数がXNUMX年に達したら交換が必要です。
  • 古いシステムでは、電気的な問題が発生する可能性が高い場合に、ヒート ポンプ コンデンサーを更新する必要があります。
  • 時代遅れのシステムにより一酸化炭素が家に入るのを許可する場合、ヒートポンプコンデンサーを交換する必要があります。

ヒートポンプコンデンサーを交換しないとどうなりますか?

  • 凝縮器を交換しないと、ヒート ポンプ システムに空気の流れがまったくありません。 コンデンサーから発生するノイズは、問題によって異なります。 コンデンサーが壊れていると、強い叫び声、混乱、クランチングが発生する可能性があります。
  • ヒート ポンプ コンデンサーを変更しないと、送風機が過熱し、システム全体が破壊される可能性があります。
  • ヒートポンプコンデンサーを交換しないと、悪臭が発生することがあります。

ヒートポンプ凝縮器洗浄

シンプルなヒート ポンプ デバイスで、快適性、生産性、エネルギー節約を向上させます。 洗浄されたヒートポンプコンデンサーをチェックしてみましょう。

  • プロセスの開始時には、プロセスを開始する前に、発電機、シャットオフ、またはブレーカーボックスで機器のスイッチがオフになっていることに注意してください。
  • 次にコンデンサー周辺の空間を拭きます。
  • ヒートポンプの外装シェルを取り外します。
  • ファンとトップグリルを取り外します。
  • コンデンサー コイル クレンザーまたは石鹸水を使用して、コンデンサー コイルを洗浄します。
  • 庭のホースを使用して外側から洗い、ひれを斜めではなくまっすぐに叩いてください.
  • 曲がったフィンは、フィンコームでまっすぐにすることができます。
  • ヒート ポンプ カバーとトップ グリルを再び取り付けます。
  • いよいよ電気を再開。

ヒート ポンプの所有者は、少なくとも年に XNUMX 回、資格のある専門家を雇ってユニットを修理する必要があります。 専門家は、特にダクト漏れの調査や修理などのサービス手順を実行する場合があります。   

ヒートポンプコンデンサーの掃除はいつ?

  • 汚れやほこりがたまるたびに、ヒート ポンプの凝縮器を掃除する必要があります。 高品質のエア フィルタを取り付ける前に、可能な場合は、ファンから破片を取り除いてください。 そうでない場合は、専門家に相談してください。
  • ヒートポンプの水分が多すぎる場合は、凝縮器を維持する必要があります。 ユーザーは専門家に電話して、乾燥させて修理できるかどうかを確認する必要があります。
  • コンデンサーが悪い場合は、コンデンサーを掃除する必要があります。
  • ヒートポンプコンデンサーが古くなると、掃除が必要になります。
  • ヒート ポンプのコンデンサーは、ダクトが汚れていたり、漏れている場合に掃除する必要があります。
  • フィルターが目詰まりしているときは、コンデンサーを掃除する必要があります。 XNUMXヶ月ごとにフィルターを交換してください。

ヒートポンプのコンデンサーを掃除しないとどうなりますか?

  • ヒートポンプ凝縮器が洗浄されておらず、新鮮な空気フィルターが使用されていない場合、炉は常に過熱します。
  • ヒート ポンプ コンデンサーが洗浄されていないと、すぐに錆びたり、加熱システムから冷却液が漏れたり、コンプレッサーなどの他のシステム コンポーネントに取り返しのつかない損傷を与えたりする可能性があります。
  • ヒートポンプコンデンサーを洗浄しないと、圧力損失が大きくなります。

冬に凍結するヒートポンプの修理方法は?

通常、霜取りモードには 10 ~ 15 分しか割り当てられません。 寒い時期に詰まったヒートポンプの修理方法を見てみましょう。

冬に凍結するヒートポンプを修理するには、霜取りサイクルを使用できます。 ヒートポンプは、家の中の冷たい空気を凍らせずに取り除くために作られています。 ヒートポンプが冷えすぎてこれが起こらないようになったら、除霜モードに入る必要があります。

ヒートポンプは通常、凍結の問題が解決されるまで除霜モードのときに空調モードに入ります。 その後、ユーザーはヒートモードに戻ることができます。 冬には、ヒートポンプを冷やすことが論理的です。 特定の気候条件下では、コイル全体が少し氷の層になるのが普通です。

ヒートポンプ対ヒートポンプコンデンサー

ヒートポンプコンデンサーとヒートポンプは別の機器です。 ヒートポンプとヒートポンプコンデンサーを比較してみましょう。

特性ヒートポンプヒートポンプコンデンサー
1。 定義熱の約 85% は摂氏 21 度で含まれます。 建物内の空気を冷やしたり調整したり、寒い日に暖房したりするために使用できるヒートポンプは、大量の熱を保持する構造の外側の地面と空気をうまく利用します。ヒートポンプ装置の凝縮器は必要不可欠な部品です。 ヒートポンプやエアコンの外装部品であるコンデンサーは、季節によって熱を放出したり吸収したりします。 スプリットエアコンとヒートポンプコンデンサーは、どちらも同じ基本コンポーネントを使用して構築されています。
2。 パフォーマンスヒートポンプの効率が最大 90% 向上するため、パフォーマンスが向上します。ヒート ポンプ コンデンサーは、ヒート ポンプ デバイスよりも高価で非効率的です。
3。 経済的ヒートポンプは少し高価ですが、所有者は毎年多くのお金を節約できます.経済的には安価ですが、請求額は高くなる可能性があります。
4.寿命定期的なメンテナンスを行えば、20年以上使用できます。最長で 15 年の耐用年数があります。
5. 容量リミテッド。もっと。
ヒートポンプ vs ヒートポンプコンデンサー

ヒートポンプコンデンサーはどのくらい持続しますか?

コンプレッサの交換には多額の費用がかかります。 ヒートポンプコンデンサーの寿命を観察してみましょう。

ヒートポンプコンデンサーの寿命は 10 年から 20 年で、使用頻度にもよりますが 15 年が標準です。 ヒートポンプはエアコンと同じように機能しますが、暖房と冷房の両方を供給できるため、毎年より長い期間使用されることがよくあります。

空調システムは、12 年以上経過している場合、その価値はほとんどありません。 ただし、コンプレッサーの保証がまだ有効な場合は、コンプレッサーを配置するのが最善の方法です。

まとめ

このエッセイは、凝縮器がヒート ポンプ システムの重要なコンポーネントであるという結論に導きます。 次の主題がカバーされています: ヒート ポンプ コンデンサーとは何ですか? ヒートポンプコンデンサーの場所、ヒートポンプコンデンサーの大きさなど。

もっと読む ファーネスフィルターとは.

上へスクロール