5 ヒートポンプの応用: 詳細な事実

ヒートポンプは、低温の貯水池から高温の​​貯水池への移送に使用されます。 ヒートポンプのさまざまな用途について説明しましょう。

ヒートポンプ 低温貯留層から高温貯留層に熱を伝達するために、外部仕事の助けを借ります。 熱は自然に低温から高温に移行できないため、この過程で仕事が吸収されます。

ヒートポンプは、油や燃料を燃やして熱を発生させる従来の炉よりも、空間を加熱するという点でより効率的です。 この記事では、ヒート ポンプのさまざまな用途について説明します。

6 ヒートポンプの応用

ヒートポンプ自体は仕事をしませんが、仕事を吸収して効率よく働きます。 ヒートポンプのさまざまな用途について説明しましょう。

  • 暖房 – 暖房では、暖かい空気が空間に移動します。 この熱は、最初に外気から吸収され、ポンプに熱を放出した後に冷却されます。 この熱は、暖房目的で部屋に伝達されます。
  • 水加熱- 水が加熱されるパイプに水を流すことで、水を加熱することができます。 水は暖かい別の流体によって加熱されます。 熱伝達は、目的の速度に従って XNUMX つの流体間で行われます。
  • 地域暖房- 地域暖房はヒートポンプで実現できます。 地域暖房とは、断熱パイプのネットワークを介して、集中した場所で発生した熱を分配することを指します。 これは、XNUMX つの流体間で熱が交換される熱交換器に似ています。
  • 工業用暖房  – ヒートポンプはより省エネで費用対効果が高いため、今日では産業用ヒートポンプの大きな需要が高まっています. それらの効率は、炉などの他の従来の加熱方法よりも優れています。
  • 空間冷却 – 熱を加えることで空間が暖まるように、熱を吸収することで空間を冷やすこともできます。 ヒートポンプは、空間から熱を吸収して冷却します。 熱は、より高い温度にある別のリザーバーに拒否されます。
  • 冷凍– ヒート ポンプは、コンデンサーを流れる外部流体を加熱するために冷凍サイクルで使用されます。 熱伝達は、冷蔵庫が割り当てられたスペースを冷却するのに役立ちます。

ヒートポンプはどのように使用されますか?

水は自然に低電位から高電位の領域に移動しないように、熱も低温から高温に自然には移動しません。 ヒートポンプの使用方法について説明しましょう。

ヒートポンプは空気から熱を吸収し、この暖かい空気は 圧縮された 空気の温度をさらに上げて、他のアプリケーションで使用できるようにします。 ヒートポンプは、暖かい空気を部屋の外に移動させることで、部屋を冷やすためにも使用できます。

ヒート ポンプの適用
画像:ヒートポンプによる熱の流れ

ヒートポンプはいつ使用されますか?

ヒートポンプ自体は熱を発生しません。 ヒートポンプがいつ使用されるかについて説明しましょう。

ヒートポンプは、急速なペースで一定量の加熱が必要な場合に使用されます。 短時間に大量の熱が必要な場合に使用します。 また、ヒート ポンプは、必要な熱量が非常に少ない場合に使用されます。

なぜヒートポンプが使われるのですか?

ヒート ポンプは、その名前が示すように、外部の仕事を使用して目的の場所に熱を送り込むことを示唆しています。 ヒートポンプが使用される理由について説明しましょう。

ヒートポンプが使用されるのは、熱を継続的に伝達する最も便利なデバイスであるためです。 ヒートポンプの用途 冷却 暖房目的にも。 用途や用途に合わせて熱を伝えます。

まとめ

この記事では、ヒートポンプのさまざまな用途について説明しました。 ヒートポンプは暖房だけでなく冷房にも使えることに気づきました。 ある場所から別の場所に熱が移動し、一方の側は以前よりも涼しく、他方の側は以前よりも暖かくなります。

上へスクロール